海外旅行保険を安くする方法

海外旅行保険に入ることは必要ですが、できるだけ料金をかけたくないというのも全ての人の本音でしょう。ここでは、海外旅行保険に出来るだけ安く加入する方法について書きます。

無駄な補償を省く

これは海外旅行保険に限らず、生命保険や損害保険などでも言えることですが、やはり一番重要です。携帯電話のプランでも、自分に必要のないサービスなどは省いて、シンプルなものを選ぶというのが基本ですが、海外旅行保険でもそれは同じなのです。

なので、補償内容を自分で変えることが出来る海外旅行保険の場合は、必要のない補償をカットして、自分用にカスタマイズした保険にするといいでしょう。これだけで料金はだいぶ違ってきます。

 

空港で加入しない

海外旅行保険は空港で加入することも出来ます。初めて国際線を利用した方は空港で驚いた経験があるかも知れませんが、空港に海外旅行保険の受付コーナーがあって、出発直前であってもそこで簡単に申し込むことが出来るのです。

ただ、空港の海外旅行保険は高いです。基本的にどんなものでもギリギリで行動する人は高い料金を払うようになっているのです。海外旅行の予定は基本的に前々から立っているものですから、空港で申し込むのではなく、事前にネットで申し込むようにしましょう。

 

店舗ではなく、インターネットで申し込む

海外旅行保険は、旅行代理店などの店頭でも加入することが出来ます(大抵の場合)。しかし、このような店頭申し込みよりもインターネットで加入した方が安い場合がほとんどです。

というのは、無駄なコストが削減されるからです。店舗であれば、店舗の維持費やスタッフの方々の人件費が必要です。その分、海外旅行保険の料金も当然高くなります。

しかし、インターネット申し込みであれば、機械が全て処理しますから、人間も店舗も要りません。なので、保険会社の側としても、できるだけすべてインターネットで処理したいのです。なので、インターネットの場合は割引が適用されている場合が多いです。そうした割引が適用されるインターネットを利用することによって、より安く海外旅行保険に加入できます。

 

比較サイトを利用する

さらに、海外旅行保険の比較サイトをチェックして、一番安い所を探すというのも重要です。もちろん、この際に重要なのは単純に安いだけでなく、自分に必要な補償が安いかどうかです。どうでもいい補償ばかりで安くても意味がありません。あくまで自分のニーズに合った内容で、安い保険を選びましょう。