クレジットカードの海外旅行保険ってどう?

実は、海外旅行保険に加入しなくても、クレジットカードを利用していれば、それに海外旅行保険がついていることもあります。ここではそのようなクレジットカードの海外旅行保険について、メリット、デメリット、注意点などを紹介します。

メリット

メリットは何と言っても「追加でお金を払う必要がない」ということでしょう。海外旅行保険は安いとは言っても、数千円はかかります。特に学生の貧乏旅行などの場合は、この数千円でも高いと感じられることが多いかも知れません。

しかし、クレジットカードの海外旅行保険であればもう最初から設定されているので、何もお金を払う必要がないのです。なので、お金を払わずに補償を受けたいという方にはメリットがあると言えます。

 

デメリット

デメリットは「補償の金額、範囲が小さい」ということです。当然ですが、実質タダで利用できる保険である以上、普通の保険のようにしっかりしたサービスが受けられるわけではありません。

なので、同じケガに対する補償でも金額が小さかったり、対象となるケースが限られているなどのことがあり得ます。もちろん病気でも同じですし、何か物を壊してしまった場合の賠償、緊急の一時帰国の際の費用の負担など、これらの全てについて、補償金額が小さいということが起こります。(そもそも、補償してもらえないケースも多いです)

つまり、クレジットカードに付帯している海外旅行保険はあくまで最低限度のものであり、本当に安心して海外旅行を楽しもうと思ったら、専門の海外旅行保険に入る必要があるということです。

 

注意点

さらに注意点としてあげられるのが「デスクが24時間対応でない」という可能性です。クレジットカード会社にとってはおまけのサービスですから、そこまで力を入れていないことが多いのです。

他にも「年中無休でない」「日本語対応でない」など多くのデメリットがある場合があります。なので、このような点もしっかり対応してくれる内容かどうか、確認をすることが必要です。

ただ、上のように否定的なことを書いていますが、例外もあります。それは、ゴールドカードなどのグレードの高いクレジットカードを持っている場合です。こうしたグレードの高いクレジットカードであれば、普通の海外旅行保険なみのサービスを提供しているものも多いので、その場合は話は違ってきます。

ただし、そのようなカードは当然年会費や入会金も高いです。なので、トータルで払うお金は、結局海外旅行保険より高くなっていると言えるでしょう。